JG0AXT's 
モノグサアンテナ
調整記 PART1
ハーフサイズ*ウインドムアンテナ


CQ出版社刊「ワイヤーアンテナ」バイブルになるか?Hi

(有)大進無線の6:1バランに電線を付けたところ。

 

 

 


バイスにはさんでハンダ付け

 

 

 

 


100円ショップで買ったバイスとカッター

 

 


右の釣竿が見えますか?
良〜く見ると車の脇のポールからワイヤーと塩ビパイプ・ヒゲが見えます、大分垂れてる。

 

 


 

SWRの良かった周波数は以下の通り。

8.2MHz 1.2
14.0MHz 1.7
27.4MHz 1.1
55.4MHz 1.0
47.8MHz 1.4
145MHz 1.5 50Ω

 


 

 

 

参照HP

WEBで翻訳して貰いました。Hi

 

2003年10月5日
今回インピーダンスが50Ωだった周波数。

5.6、7.58、9.96、13.68、17.95、21.97、27.0、28.14、33.98、37.40、43.03、47.13、54.90、それ以上は大体50Ω付近を行ったり来たり。Hi


中之口村の農道に停めてWindomの試験運用です。
携帯電話の写真で見えますか? Hi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=2003/10/5 中之口村移動で呼んでくれた各局=

〜3.5MHz〜
JA1THL
JH1KSB
〜7MHz〜
JA2DHF
JJ4PPK
DS2DSD
JK1NAF
JA4LZV
JA1DZZ
JH9CAJ/1
JA4AVO
7N3CCU/QRP
JA7DLE
JA1GEZ
JI3XGC
JH7PKU/0
JA1THL
JM1SBU
JA0ADY
JA1PTR/QRP
JH8BDA
JL4MPH
JF6OVA
JR7SBL
JH9CFQ/9
JA0LDB
JS3OYA
7K2GMJ
JG3ACB
JA1TFJ
JH3BGJ
JM1THS
JL1CIL
JA0JEH/QRP
7K1CPT/1
JA9CZJ
〜10MHz〜
JH4BTI
JA7FUM
JA1JEJ
JR1XPH
JG8SIS
JA2GRY/2
JR8ACO
JJ1QLT/QRP
JA1IDQ
JH1OGT
JA1AS
JJ3RZX
JE8GNN
JQ1BTP/9
JM1HUX
JA1MNK
JA1FXE
7M2VPR
JA2CX/3
JQ6TIL/1
JA3LXY/2
JK4DLZ
JS3OSi
JR7DEY
JH9DXR/9
JA3KTA
JA0ADY
JS3OYA
7K4BWY/1
JR7POG
JH2CMH
JJ1KXB
JH1VIG/QRP
JA7DLE
JA1RZW
JA1VE
7N4OBV/QRP
JH7QNG
7M3QCJ
JH7QLR
JN1ATL
JL4MPH
JA1PTR/QRP
7N3CCU
JA8XCS
JH9CFQ/9
JA7AYW/7
JA8QKW
JA5IVG
JA3WU
JE2OVG
〜14MHz〜
JL4MPH
JG4UWS
〜実験参加TNX!!!〜

                                        
                                                       大空に  Windomアンテナの給電部

<前書き・・・>

*家で最初に揚げたHF帯のアンテナは、ダイヤモンド製の7&21Mhzのコイルの入ったワイヤーダイポールでした。
21MHzは殆ど無調整でSWR=1.01近くでしたが7MHzが中々下がりません、SWR=2.2で暫らく運用していました。
次に21MHzと7MHzのワイヤーをクロスさせてみたら7MHzもSWR=1.7迄下がってくれました。

*他のバンドも出てみたくなって、外付けのオートアンテナチューナー(ATU)+ロングワイヤーでやってみましたが、結局2mのGPの支線(デベワイヤー)に沿わせてデルタループで出ていました。
私と同じやり方で18MhzでCQ出していた局には驚きました。Hi
しかし電話で「燕市の7MHzが無いので今出てください」とリクエストがあって、こちらから「59」送ったら「33」貰ったのには驚きました・・・。Hi
おまけに「モットアンテナを調整して下さい」だと・・・。

<いよいよ・・・>

*アクティブになるきっかけが今使っている「アラキアンテナのウインドム」でした。
「30m+15mのエレメントで3R5=28MHzまで出られます」がコピーですが、実際1R8〜6m迄RIGのATUでマッチングが取れます、ハイバンドは打上げ角の問題か国内はスキャッターやEスポが出ないと難しいですがDXコンテストでは結構聞えますし応答もあります。
現在はどう言う訳か10MHzだけ同調しません。

*移動では45mのワイヤーを張るのはまず無理だろうなと思っていたら盛岡のJR0EFE/7YUさんが10MHzの1/2λで移動で試したそうで、ようし私もと思いました。Hi

*いろいろ調べましたがYUさんと同じ(有)大進無線製の300:50Ωのバランを購入、ワイヤー長はいろいろと悩みましたがアメリカの通販でも売っている22mで試す事にしました。
14.84m+7.19mで22.03m。

<ここから本当の調整記か?・・・> Hi


*1か月以上も出来ませんでしたが、意を決して9月14日近くのスポーツランド燕の駐車場でTRYして来ました。
ここはJE0JAO坂井さんちとうちの中間地点で、以前JH1GVY/MORIさんともアイボールした所です。Hi

*調整といっても何時もの4.5mの伸縮ポールの上部に給電部をビニールテープで止めてワイヤーの両端は4.5mの安い釣竿で受けました、碍子代わりに使った電工用の塩ビパイプですが結構重くて釣竿がしなりましたので3m位にところで受けたら安定しました。Hi

*RIG(TS-570S)に繋いで10MHzを聞くと2〜3局聞えます、各バンドRIGのチューナーで合わせると1R9と21MHzだけ同調しません、21MHzは何と二周り目に同調が取れました。
1R9は全然NGでした。
10Mhzと7MHzは同調が取れただけでSWRも高くPWRも15W位しか出ていません、10MHzでCQ出すもNG、7MHzは結構呼ばれました、16時頃なんですが欲を出して3R5もTRY、静岡のMLメンバーに呼ばれてビックリ!でも続かず・・・岩手の局がCQ出してて応答。
その後バンド毎にSWRとインピーダンスを計りました。
又気を取り直して全バンドCQ出すも3R5と7MHzしかお相手が居ませんでした、最後にJL7AIA/7SHINさんから呼んで戴いて「ANTTEST?」「TESTANT?」の応酬でした・・・。Hi
秋田コンテスト向けのアンテナ調整だったそうです、当日は記念局で参加するそうですよ。

*クラニシのアンテナアナライザーに依る。

Frequency

1.910

3.510

7.010

10.13

SWR

3.5(2.8)

7

Ω

200

23

20(28)

67(85)

14.05

18.09

21.05

24.92

28.05

2.7

4.2

1.3

30

36

26

220

62

50.10

144.1

 

   

1.7

1.5

     

65

35

     

 運用試験に呼んで頂いた各局


*次の調整記は「MDRF」の予定です、ご期待下さい!! (°° )\☆

おっと今郵便やさんが代金引換で「フェライトバー」を持って来てくれましたよ、TNX!シオヤ無線電機商会@秋葉&JJ1VKL。

2003/SEP/15 10:38jst記

自作に戻る

 


2003年10月5日(日曜日) 追試験

エレメントを50cm(もう片方は25cm)カットしてみました。
と言う事は、14.34m+6.94mで21.28m。

Frequency

1.910

3.510

7.010

10.13

14.05

SWR

2.2

5

1.9

Ω

200

25

18

62

23

18.09

21.05

24.92

28.05

50.10

144.1

5.5

7

5

1.2

1.2

1.7

44

23

230

43

53

100

今回は沢山呼んでいただきました。
3.5〜14MHzで延べ88局 TNX!!



しかし、某局のご忠告で「WindomAnt」は2vs1のエレメント比では無いですよ!中心から0.16%(0.08λ付近)オフセットさせるんです、と言う事。アンテナハンドブックp346(1991年第10版)にもそう書いて有りました。
でも単線給電と同軸給電/オープンワイヤ給電では違うのでしょうかね?
市販品やアンテナ製作記事では「2:1」が多いです。
現在のエレメントに合わせると長い方を78cm切ると13.56m+6.94mで本物になるんだな! Hi でも全長で20.5mだから7MHzSSBに合うのかな? Hi
(この数行は2003/11/02)
厳密には同軸給電では「Windom」とは言わない様ですが「オフセット給電アンテナ」とかよりはカッコいいですよね・・・。 Hi

又楽しみが増えました、TNX!!!