ATU+LW (オートマチックアンテナチューナ+ロングワイヤ) 18/Feb/2005


最近の移動運用ではSGC社のSG230と釣竿PGANT100にワイヤを沿わせたスタイルが多いです。
 見えにくいので拡大しますクリック!  
クリックすると拡大表示! 
アースポイントをボンネットのボルトから取っているのでこのようなスタイルになります。釣竿は牽引フック基台のマストに紐でとめています。昼間は9mのワイヤ、夕方は19mのワイヤで出ています。このSG230は同軸と電源ラインが同じ穴から出てチューブで一本になっていてFBです、そのコードをアメリカ"Fair-Rite社"製の「FT-82-43」に8ターン(これがギリギリ)くぐらせてコモンモード対策としました。


 EK155はリバースできないので後ろから鷲掴みでパドルってます。Hi
車内から見るとこんな感じでやっています、ノートPC・スピーカ・エレキー・お茶。Hi

  
JH0PPS羽賀さんから借りたAH4での運用です、彼はルーフキャリアに付けているので私の車でやるとこんな感じになります、基台からバッチリアースが取れているようです。

   
長いワイヤの場合は釣竿PGANT100を2本建てます、1本の方がお手軽には間違いないです。Hi 目測を誤まると二本目の釣竿が...Hi
今後はこちらのSG239の運用をJA1BML山田さんを見習っていこうと思っています、呼応ご期待。
 

タッパに穴あけ 2005年4月23日移動運用の時の状態、穴あけ配線完了。

自作の紹介へ戻る