テライトni復活できたですぅ〜。

2007年の秋から12月にかけてサテライト通信をVO-52で始めましたが翌年正月に物凄いパイルを聞いて暫く出れなくなりました。(小心者)
そうこうするうちにノートPCの液晶が点かなくなり移動運用が出来なくなりました。
(ZLOGを使ってCWの送信やログを取ってたモンで・・・。)
2008年12月に意を決して新品のノートを買いました。Hi
ASUSのミニノート PC901/16GBです
2009年3月から移動でこのPCを使う様になりました。
RTTYも出たく試行錯誤で7月デビューしPSK31にも出るようになった。

結局サテライト通信に出れる様になったのは今年2010年9月、長い道のりでした。Hi


サテライト通信に復活した当時の様子です。


左、アンテナ基台は付けましたがケーブルは宙に舞ってます。電源ケーブルを通す穴が小さく部品を多く外さないと駄目なので外から出して繋いでます。(クリックで少し大きくなります)
右、車内の様子。又もや今回も助手席鎮座です。Hi
IC-820の上にPC901、周波数制御は諦めてCWの送信とログはZLOG+USBIF4CW、無いと困る安物ヘッドフォン、衛星追尾ソフトはデビュー時と同じくCALSAT32です。それから大事な受信周波数の虎の巻JK2XXK局の周波数早見表

 

デビュー時は受信周波数をCSATmateで制御してカツミのエレキーでCQ出して紙ログに書いてましたが、現在はこの早見表で検討つけてループバックを取り次第ZLOGの「Ctrl」+「Z」で連続CQ出して呼ばれたらタイプして「Tab」キー押しレポートが帰って来たら「↓」キー打って終りです。その間左手はリグのダイアルを少しずつ回してます。 Hi
モービルホイップ(SG-7500)ですがAOSからLOSまで何もしなくても殆どループが取れてます。

更新「2010年10月12日」





2007年デビュー当時の様子。

セレナはアンテナ基台3個電源ケーブルも大きめの穴があったので太いケーブルもOKでした。ハッチバックの上部にも基台を付けてましたが取り付けるのが面倒なのでボンネットで運用してます。(さすがノメシコキ)
車内はゴチャゴチャ、左にカツミのエレキーが見えます、この外にヘッドフォンがあります。

 

JH1UVJ局のエクセルで作った周波数早見表が見えますね。
この後JE4IVN/HalさんのCsatMATEとn2amdさんのヤフオク出品IFで受信制御する様になりました。
カツミのエレキーで手打ちでCQ出して紙ログに記載です。

 


その後企んだ事・・・。

折角IC-706mk2GでHF移動してるんだからこのリグプラス受信機でサテライト通信出来ないモノか?
結構やってる局も多いようで某WIKIでも紹介されてます。
yahooのオークションでゲッツしました。ケンウッドのTH-F7
 
変換プラグとデュープレクサ(リグが違うのでIC-820用とは違う式)も用意して実際試してみましたがどうもループ確認できず「撃沈」。
現在はバッテリーもあがった模様(新品のも付けて貰ってあるのだが)、それと二重になったダイヤルが一緒に廻ってしまう。(これはショップ持参で修理かな?)